スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い冬です。

今日は一段と寒いですね。

北海道ではマイナス23度だとか。うひょー!寒すぎ!!

常夏に行きたい。。でもボーナス出なかったし。。。



ってことで、お金にまつわる話ですが、最近ショッピング枠現金化というのをよく目にします。

なんじゃそら?って事で、ちょいと調べてみたところクレジットカードのショッピング枠を現金にできるんだとか。

ほうほう。

主婦 キャッシングにも一役買いそうですな。

旦那サマのお給料減って欲しいものも買えないー!なんて嘆いている方たち、どうでしょう?

クレジットカード現金化 ランキングでも見てみませんか?



消費者金融なんかと違って、使用履歴?が残らないので人気らしいですよ。

カード現金化 口コミなんかも使った人の感想が見れてなかなか面白いですよ。

寒い冬に懐があったかくなる話でした。


スポンサーサイト

アレルギー発症抑制分子を発見 筑波大グループ(産経新聞)

 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見したと、筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが6日付の米科学雑誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。

 アレルギー反応は、アレルギーの原因となる抗原と免疫細胞が作るIgE抗体が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどのかゆみ物質を血中に放出して、炎症やかゆみを起こす症状。

 これまでアレルギーに対してはヒスタミンの働きを抑える薬剤を中心に治療が行われてきたが、対症療法だったため効果も限定的で、より根本的な治療法の開発が望まれていた。

 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスと比較して、より強い反応を示した。詳細な解析により、アラジン1は肥満細胞からヒスタミンなどの放出を抑制する分子であることが分かった。

 渋谷教授は「アラジン1の働きを強める薬剤を開発することで、花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど、すべてのアレルギーの根本的な治療が可能になる」と話している。

 臨床試験が進めば数年後の実用化が期待できるという。(篠崎理)

ナイナイ 岡村さん公演延期 体調不良(毎日新聞)
会期延長、決着に期待=首相(時事通信)
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
雑記帳 「エコろうそく」開発 京都(毎日新聞)
<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)

<オランウータン>21年ぶりの赤ちゃん誕生 札幌・円山動物園(毎日新聞)

 札幌市の円山動物園(中央区)は27日、ボルネオオランウ-タンの赤ちゃんが生まれたと発表した。同園では21年ぶり4頭目の出産で、飼育担当の吉田淳一さん(48)は「前日に赤ちゃんを取り上げる夢を見た。ずっと待ち焦がれていたのでうれしい」と喜んでいる。

【はっきり言ってカワイイです】オランウータンの赤ちゃん、人工保育で公開中 神戸・王子動物園

 同園によると、赤ちゃんはオスで、25日昼過ぎに母レンボー(11歳)と父弟路郎(ていじろう)(13歳)の間に誕生。レンボーにとっては初の子供で、落ち着いた育児環境を提供するため、赤ちゃんがいる類人猿館の屋内展示場は当面、公開を見合わせる。

 ボルネオオランウ-タンはインドネシア・ボルネオ島原産。野生に生息するのは5~6万頭で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。国内では09年12月時点で32頭が飼育されている。【片平知宏】

【関連ニュース】
人工保育のオランウータンの赤ちゃん公開へ 釧路市動物園
【生存が脅かされている】レッドリスト「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」にも入っているオランウータン
【マジでカワイイです】コツメカワウソの赤ちゃん 日光浴を公開
【相当カワイイです】三つ子のライオン 百獣の王も、まだよちよち歩き
【本当にカワイイです】羊舎で眠そうな表情をする赤ちゃん羊たち

橋下府知事「大阪市に平松市長1人はおかしい」(産経新聞)
<雑記帳>トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
<普天間移設>共同声明に野党一斉反発 二枚舌、偽装と批判(毎日新聞)
労働紛争相談、09年度24万件=雇用調整案件が増加―厚労省(時事通信)
「閣議決定」「閣議了解」「首相発言」とは…(読売新聞)

<強殺>タクシー運転手、発見現場近くで殺害か GPS一致(毎日新聞)

 神奈川県平塚市でタクシーのトランクから乗務員の荒井庄次郎さん(62)の遺体が見つかった強盗殺人事件で、タクシー無線から不審な音がした際のGPS(全地球測位システム)上のタクシーの位置が、遺体発見場所とほぼ同じだったことが、タクシー会社関係者への取材で分かった。荒井さんは異常音の際に襲われたとみられ、県警平塚署捜査本部は、遺体発見場所近くで殺害された可能性が高いとみて調べている。

 タクシー会社関係者などによると、20日午前2時40分ごろ、荒井さんのタクシー無線から「ガガガ」と音がし、荒井さんと連絡が取れなくなった。営業所がGPSで場所を確認し同3時25分ごろ、同僚の運転手が荒井さんのタクシーを発見した。無線には応答などのボタンがあるが、ボタンを押したり無線機を落としたりしただけでは異常音はしないという。【中島和哉、吉住遊】

【関連ニュース】
<事件の第一報>強盗殺人:トランクにタクシー運転手の遺体、首に傷 平塚
<事件の続報>タクシー運転手殺害:遺体両腕に争った?傷複数 神奈川
強盗:34歳の容疑者逮捕 タクシー強盗と関連捜査 福岡
タクシー強盗:連続5件 20~30代の男犯行か 福岡
強盗殺人未遂:タクシー運転手、首切られ重傷 江戸川

「農家の補償どうなる」殺処分、地元に戸惑い(読売新聞)
交通機動隊員が酒気帯び運転=書類送検、懲戒処分で辞職―警視庁(時事通信)
<普天間移設>「条件付き容認」辺野古区の行政委員会が決議(毎日新聞)
「まるで時代劇の立ち回り」 加藤被告の「黒いもの」と警棒かち合う(産経新聞)
朝鮮学校無償化検討 会議メンバーやっと決まるも「非公表」…(産経新聞)

「ほっともっと」が勝訴=弁当販売、FC契約違反認めず-東京地裁(時事通信)

 フランチャイズ(FC)契約に違反したとして、弁当販売事業を展開する「ほっかほっか亭総本部」(東京都港区)が、現在は別ブランドの「ほっともっと」で営業するプレナス(福岡市)に約106億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であり、小林昭彦裁判長は「違反は認められない」と請求を棄却した。
 判決によると、プレナスは2008年5月まで、総本部と結んだFC契約に基づいて九州、東日本地域で営業。この間、05年に「ほっかほっか亭」の字体を変えた新たな商標を登録したり、07年に総本部が決めた店員向けの新ユニホームの使用を拒否したりした。
 総本部側は一連の行為が契約違反に当たると主張したが、小林裁判長は「総本部のみがブランドを一元管理していたというのは困難」などと退けた。
 FCシステム運営をめぐる両社の関係についても、「総本部は経営ノウハウ提供や運営指導をほとんど行わなくなり、組織の上下関係は逆転していた」と指摘した。
 ほっかほっか亭総本部の話 到底容認し難く、控訴を含め検討する。 

女子大生宅に侵入、現金奪う=強盗容疑で男逮捕-滋賀県警(時事通信)
<男性遺体>無職の男性方で発見 事件の可能性も 神奈川(毎日新聞)
「景観失格」解消…斜陽館前の架線を地中化(読売新聞)
ポリ袋入り遺体、重りはいかり 横浜・鶴見川の女性遺体(産経新聞)
放鳥トキの産卵確認=一度やめたペア-環境省(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターけいいちよだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。