スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー発症抑制分子を発見 筑波大グループ(産経新聞)

 花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎など、すべてのアレルギー症状を抑制する分子を人体内の肥満細胞から発見したと、筑波大大学院人間総合科学研究科の渋谷彰教授らの研究グループが6日付の米科学雑誌ネイチャーイムノロジー電子版に発表した。

 アレルギー反応は、アレルギーの原因となる抗原と免疫細胞が作るIgE抗体が、肥満細胞に作用してヒスタミンなどのかゆみ物質を血中に放出して、炎症やかゆみを起こす症状。

 これまでアレルギーに対してはヒスタミンの働きを抑える薬剤を中心に治療が行われてきたが、対症療法だったため効果も限定的で、より根本的な治療法の開発が望まれていた。

 研究グループは、肥満細胞にある新しい分子を世界で初めて発見し、「アラジン1」と名付けた。さらにアラジン1の遺伝子を持たないマウスをつくり、抗原とIgE抗体を投与してアレルギー反応をみたところ、通常のマウスと比較して、より強い反応を示した。詳細な解析により、アラジン1は肥満細胞からヒスタミンなどの放出を抑制する分子であることが分かった。

 渋谷教授は「アラジン1の働きを強める薬剤を開発することで、花粉症やぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど、すべてのアレルギーの根本的な治療が可能になる」と話している。

 臨床試験が進めば数年後の実用化が期待できるという。(篠崎理)

ナイナイ 岡村さん公演延期 体調不良(毎日新聞)
会期延長、決着に期待=首相(時事通信)
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
雑記帳 「エコろうそく」開発 京都(毎日新聞)
<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)
スポンサーサイト

<オランウータン>21年ぶりの赤ちゃん誕生 札幌・円山動物園(毎日新聞)

 札幌市の円山動物園(中央区)は27日、ボルネオオランウ-タンの赤ちゃんが生まれたと発表した。同園では21年ぶり4頭目の出産で、飼育担当の吉田淳一さん(48)は「前日に赤ちゃんを取り上げる夢を見た。ずっと待ち焦がれていたのでうれしい」と喜んでいる。

【はっきり言ってカワイイです】オランウータンの赤ちゃん、人工保育で公開中 神戸・王子動物園

 同園によると、赤ちゃんはオスで、25日昼過ぎに母レンボー(11歳)と父弟路郎(ていじろう)(13歳)の間に誕生。レンボーにとっては初の子供で、落ち着いた育児環境を提供するため、赤ちゃんがいる類人猿館の屋内展示場は当面、公開を見合わせる。

 ボルネオオランウ-タンはインドネシア・ボルネオ島原産。野生に生息するのは5~6万頭で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドデータブックで絶滅危惧(きぐ)種に指定されている。国内では09年12月時点で32頭が飼育されている。【片平知宏】

【関連ニュース】
人工保育のオランウータンの赤ちゃん公開へ 釧路市動物園
【生存が脅かされている】レッドリスト「絶滅のおそれのある野生生物のリスト」にも入っているオランウータン
【マジでカワイイです】コツメカワウソの赤ちゃん 日光浴を公開
【相当カワイイです】三つ子のライオン 百獣の王も、まだよちよち歩き
【本当にカワイイです】羊舎で眠そうな表情をする赤ちゃん羊たち

橋下府知事「大阪市に平松市長1人はおかしい」(産経新聞)
<雑記帳>トキのひなに“子ども手当” いしかわ動物園(毎日新聞)
<普天間移設>共同声明に野党一斉反発 二枚舌、偽装と批判(毎日新聞)
労働紛争相談、09年度24万件=雇用調整案件が増加―厚労省(時事通信)
「閣議決定」「閣議了解」「首相発言」とは…(読売新聞)
プロフィール

Author:ミスターけいいちよだ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。